医療脱毛とエステ脱毛の違いとは?

医療脱毛とエステ脱毛の大きな違いは、使用している脱毛器にあります。
医療脱毛は、美容皮膚科や美容クリニックなどの医療機関でのみ行われている施術です。レーザーを使用して毛が生える組織を破壊していくために永久脱毛ができるのですが、エステ脱毛では光脱毛で進められることになります。インテンスパルスライトやキセノンランプが使用されていたり、ジェルを塗った上から光を照射するSSC方式などさまざまな種類がありますが、サロンでの施術は抑毛程度の効果しかありません。

医療脱毛の方が脱毛完了までの期間が短い

なるべくはやく、少ない回数で脱毛を完了させたいときは、エステサロンの脱毛コースよりもクリニックの医療脱毛を選びましょう。
クリニックで使用されている医療用のレーザー脱毛機器は出力が高く、照射する光が強いため、脱毛の効果も大きくなります。この医療用レーザー脱毛ならば短期間での脱毛処理が可能で、毛周期を考慮してもクリニックに通う回数はおよそ5~6回と、エステサロンの脱毛よりはるかに短い期間で施術を完了させることができます。

医療脱毛なら肌トラブルが起きても安心

医療脱毛が安心と言われる理由は、肌トラブルが起きても速やかに治療できることでしょう。
施術前には医師が診察をしてくれるので、まずはここで安心感が違います。
エステサロンのカウンセリングより詳細まで肌状態を診断し、使用する脱毛機・出力などを決めていくのです。
リスクなしの脱毛はありえませんが、クリニックなら治療を行うことができます。
薬を使用して痛み・炎症を抑えることは、医療行為が行えないエステサロンでは対応できません。

医療脱毛の施術をするのは医療従事者のみ

医療脱毛は、出力の高い医療用レーザーを照射するため皮膚科やクリニックなどの医療機関で、医師や看護師の国家資格を持つ医療従事者のみに限り行なえる脱毛方法です。
従来ほくろの除去などの治療で使用していた特定の色に反応するレーザーの特性を活かし、毛の黒い色のメラニンを通し毛乳頭を安全に破壊することによって、毛の再生を抑制し永久的な効果のある脱毛が実現します。
毛乳頭を破壊する行為は、エステサロンでは禁じられており、医療機関のみで可能な医療行為です。

医療脱毛なら麻酔が使える

クリニックの医療脱毛は、エステサロンの施術よりも効果が高いため、痛みがより強いとされています。しかし、クリニックでは痛みを和らげる麻酔の使用ができるため、エステサロンよりも痛みを我慢する場面は少なくなります。麻酔の方法は、大きく分けて二つあり、笑気ガスとクリームです。笑気ガスは気分をリラックスさせてくれ、不安を取り除いてくれます。クリームは、塗った部分だけ肌が鈍感になり、痺れたようになるため、痛さが軽減されます。

医療脱毛の効果とは?

医療脱毛とは?

医療脱毛とはいったい何でしょうか。一言で言うと、医療脱毛とは、クリニックや美容皮膚科といった医療機関で行なわれている脱毛方法のことです。医療脱毛では、基本的に医療用のレーザー器が使われることでしょう。ここで用いられている特殊な医療用レーザーは、黒い毛の色素のみに反応するという特徴を持っています。そのため、毛の成長を促す毛乳頭に直接働きかけることができ、それによって減毛の効果ができたいできると言われています。

医療脱毛で期待できる効果

医療脱毛は主にレーザー脱毛を行っていきますが、黒い色素のみに反応する特殊なレーザーをあてて毛や毛根にダメージを与えることができます。
レーザー脱毛には様々な種類がありますが、そのどれもが高い脱毛効果を実感することができ短期間でむだ毛の無い美しい肌へと導いてくれます。
脱毛効果が高いため、短期間で施術が完了するのも嬉しい点です。
エステサロンの脱毛と比較すると費用は多くかかってしまいますが、そのぶん回数は少なく早く確実に脱毛をすることが実現します。
自己処理の必要がなくなるまでに5回から6回の施術が必要になり、むだ毛が気にならなくなるまでに12回ほどの施術を行うことになります。
医療機関の脱毛器は痛みが少ないのもメリットと言えるでしょう。
短期間で減毛効果を実感し面倒臭い自己処理とサヨナラすることも夢ではありません。
毎日の面倒な自己処理にストレスを感じてしまっている方は、効果抜群の医療脱毛を試してみましょう。

医療脱毛がおすすめの人

医療脱毛がおすすめの人は、かかる期間を短くしたい人や肌の強さに自信がなくてカウンセリングをしっかりと受けて医療知識を持つスタッフに的確な判断をしてもらいた人、痛みに弱い人などです。医師による施術が行われますので敏感肌であっても安心して受けることができますし、照射のパワーが強いので必要な回数は少なくなります。脱毛の施術では痛みが心配な人も多いようですが、医療脱毛なら医療機関ですので麻酔を使用することもできます。

医療脱毛のメリット・デメリット

医療機関で行ってもらう脱毛を医療脱毛といいます。エステ脱毛との違いは、資格を持った医者や看護師が施術してくれる点です。効果が高い機械を使うことができますし、完全な永久脱毛を望んでいる人におすすめです。また、脱毛の影響で肌トラブルが起きた場合に医師に診察してもらえるという点もメリットといえます。デメリットは割引などのキャンペーンを滅多にやっていないこと、エステ脱毛に比べて痛みが出ることがあるという点です。

医療脱毛の回数の目安と効果

【部位別】医療脱毛が完了するまでの回数の目安

近年になって医療脱毛を受けることが出来る美容クリニックが増えてきており、エステ脱毛に比べて少ない回数、短い期間で施術を完了することが出来るとして注目されています。医療脱毛が行える部位は主に足、ワキ、腕などの基本的な部位をはじめ、Vライン、I,Oライン、顔などのデリケートな部位のお手入れも安全に行えるのが特徴です。
施術にかかる期間はクリニックによって異なりますが、平均として5~6回繰り返し施術を受けることで、ムダ毛が目立たくなり満足する方が多いとされています。

医療脱毛は1回でも効果を実感できるの?

医療脱毛で使われるレーザー脱毛機器はとても強力ですが、1回レーザーを照射してもらっただけでツルスベになることは難しいでしょう。
効果には個人差があり、中には1回目の施術が終わった後に薄くなったと実感できる方もいますが、しっかりと脱毛するには通常7~8回程度は施術を受ける必要があります。エステの光脱毛に比べて少ない回数でツルスベになれるのが医療脱毛の魅力ですが、妥協するよりもできるだけ多めに回数をこなした方が効果に満足しやすくなるでしょう。

医療脱毛と脱毛サロン、完了までの期間が短いのはどっち?

医療脱毛と脱毛サロンの施術を比べてみると、完了までの期間を短くできるのは医療脱毛です。医療機関ということで高い出力が認められているために、毛根への働きかけを強くすることができます。光脱毛は医療行為として認められているものではありませんので、出力の上限が低く設定されていて一回あたりの効果は小さくなります。ですから、完了するまでの期間は長くなってしまい、なかなか終了するまでの期間を見積もることができません。

医療脱毛をする時は何回コースがおすすめ?

医療脱毛で全身脱毛をしたいと思う場合、いったい何回コースを選ぶのがおすすめなのでしょうか。目指す脱毛の程度によっても異なりますが、ムダ毛が気にならない状態にしたいと思うのであれば、施術を5~6回受けられるコースを選ぶことができるでしょう。仮に、その状態では満足できず、ムダ毛のないツルツルの状態にすることを希望するのであれば、10回ほどの回数を目安にプランを組んで医療脱毛の施術を受けるのがよいとされています。

医療脱毛の回数を決める時の注意点

医療脱毛の契約をする時にしっかりと考えておかなければいけないのが、回数です。
効果が高ければ少ない回数でも良いのではないかと考える人もいますが、足りなければムダ毛が残る事になるので注意が必要です。
施術は毛周期に合わせて行なっていく事になり、2ヶ月から3ヶ月に1回のペースというのが一般的です。
6回の施術を契約するのであれば、そのクリニックの施術のペースから、完了までの期間を最初にしっかりと意識しておく事がおすすめです。

千葉で安い医療脱毛口コミランキングを紹介中!今月のキャンペーンなどで激安になっている医療脱毛などもあります。医療脱毛は医療レーザー脱毛なので、コスパが安く(全身・VIO(ハイジニーナ)・脇・顔・腕・足・手足・背中)脱毛したい方に評判です。